大家になって豊かな人生を送る

大家さんファミリー

毎月100万円 確実に増える不動産投資

不動産投資 あなたにとって資産になりやすい物件とは?

投稿日:

不動産会社のガラス面に貼られている

不動産情報が書かれた紙のことを「マイソク」と言います。

のマイソクにはよく「表面利回り○○%」などと書いてあります

表面利回りとは、投資物件などを買うときにその物件の

収益性の高さを測る指標です。

つまり、ここの数字が高いほど収益をもたらす物件ということです。

 

では、資産になりやすい物件はどんな物件でしょうか?

一般的に表面利回りは、

物件が都心から離れる・駅から遠くなるほど高くなり、

都心などの一等地に近い場所では低くなります。

それは都心の一等地では土地そのものの価格も高いため

不動産の価格は郊外よりも高くなります。

 

家賃相場を考えたときにも、都心の方が郊外に比較して高くなります。

しかし、物件の価格の差分を家賃に反映できないため、

都心の物件の方が利回りが低くなります。

利点としては、一等地になるほどそこに住みたい人が増えるため

空室のリスクは減ります。

 

年数が経過した場合は、建物の価値は低下してきますが、

土地は劣化しないため、全体の資産価値は低下しにくいです。

 

逆に、一等地から離れるほど、利回りは高い傾向にありますが、

立地の不便さから築年数が増すとともに、

家賃の下落や空室リスクは高くなると言えます。

 

この場合、地方にお住まいの方は東京都内の不動産を買うのは、

土地勘の問題や、直接物件を見に行きにくいので、

不利に思われると思いますが、

どこに住んでいたとしても、東京の不動産を購入することは可能です。

そして、いったん購入さえしてしまえば、

不動産に足を運ぶ事はないので距離は無関係といえます。

 

日本にあるいろんな地方都市も含めた中で、

場所にもよりますが一般的に東京ほど地価が下落しにくい都市はないと

言われています。

 

東京都ほど人口も多く賃貸物件の需要が安定し、

また継続的にあることで、家賃が下落しにくいという都市も、

存在しないと思います。

 

不動産投資をするにあたっていくつかあるリスクの中に、

空室リスクがあります。

賃貸として、借主もいつかは引っ越すだろう可能性を考えれば、

立地、利便性、快適さ、安全性などを考慮したうえで、

購入を検討すると良いでしょう。

 

東京都もしくは、周辺地域ならよほどの悪環境でもない限り、

入居率もそれなりに確保できるということです。

郊外に比べて、利回りは低くなりますが、入居率が高ければ安定させることも可能になります。

 

あなたにとって、資産になりやすい物件を考えた時に、都心の中心部の利回りが低い物件でも

利益が出ればそれで良いでしょう。利益が出なければ、中心部から少々離れたところで、

なるべく、都心に近くしかも利回りが少々高く、利益を確保しリスクを抑えた物件

を探すことが出来れば、成功と言えると思います。

 

【毎月100万円!】確実に増える不動産投資(著:曽我ゆみこ)

不動産購入した場合いくら利益が出るのか算出できるWゲインシート付き!!

アマゾンリンク

 

-毎月100万円 確実に増える不動産投資

Copyright© 大家さんファミリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.