大家になって豊かな人生を送る

大家さんファミリー

不動産投資の地震リスクを軽減する方法とは?

不動産投資の地震リスクを軽減する方法は、地震保険に加入することがあります。但し、地震保険は民と官と共同で運営されていいて、補償については、どの保険会社で加入しても同じです。また、全てを元に戻すというよりも、再建を助けるという意味合いがあるので、そのため、全て元通りになる保障ではなく、補償の上限が決まっているので、引き受けるリスクは残ります。そのため、加入の際は保険会社に確認をしてください。

さて、地震によって受ける被害はどこに建っているかによっても大きくことなります。建物の向きによっては、被害が大きくなったり小さくなったり、運や不運もあると思います。かつての地震で、液状化によって道路に水がたまったり、建物が傾いたり記憶に新しいですが、地域によって液状化に強い地域と、弱い地域とあります。その度合いを示したものが、液状化のハザードマップと言って各自治体等が発表しています。購入しようとしている物件にどのような危険があるかは、確認しておくと良いでしょう。 

 ハザードマップは”液状化””水害””土砂災害”などの項目でありますので、確認しておくと安心です。購入しようとしている地域がどの種類の災害の危険があるのか、さらにその災害の危険度によって、たとえば、物件の価格や利回りなどの収益とリスクを冷静にみて、引き受けることができるかどうかについては、個々に判断をして頂きたいと思います。 

投稿日:

Copyright© 大家さんファミリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.