大家になって豊かな人生を送る

大家さんファミリー

不動産投資の火災、水害、土砂災害リスクを軽減する方法とは?

不動産投資で火災が発生した場合、物件を失うリスクを軽減するのは、火災保険に加入することが良いと思います。また、一日たりとも火災保険の未加入がないように決済の日から補償されるように加入することが大切です。火災保険には、オプションがあり、火災が起きて建物の再建築中の家賃を補償することができます。このオプションもつけておくと再建中もローンの支払いができるのでとても安心です。 

 火災保険に加入することは、半ば当たり前ですが、オプションについては保険会社と相談の上、加入をお願いします。物件購入の場所が海や川沿いであれば、水害も考慮する必要があります。また、土砂災害の可能性がある場合は、土砂災害について保障をつけるには、どうすれば良いかも保険会社に尋ねて、いざ災害があった場合にも、補償を受けられるようにしておいてください。ある保険会社に尋ねたところ、土砂災害に保険を適用するためには、水害に加入することが必要とのことでした。細かいところは、加入する保険会社に尋ねるのが良い方法です。 

 火災については、どこでも起きる可能性がるので、保険に加入すること以外にリスクの軽減は難しいと思いますが、水害や土砂災害はたとえば、海沿いの物件を避けるとか山沿いの物件を避けることで、回避は可能です。しかしながら、水害や土砂災害もそうそうは起こることではありませんから、その物件の利回りとの兼ね合いで、他の物件よりもお買い得であるならば、そのリスクを引き受けることも悪いことではありません。もし、どうしても不安材料はない方が良いと考えるならば、災害の発生リスクを調べた上で、回避するのが良いと思います。 

投稿日:

Copyright© 大家さんファミリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.