大家になって豊かな人生を送る

大家さんファミリー

不動産投資で初心者が少額で始める落とし穴とは?

不動産投資の初心者が少額で始める方法について、お話しします。不動産投資を少額で始めることを考えた場合、手軽にできるものとして新築ワンルームマンションの投資があげられます。他の記事でも書いていますが、新築ワンルームマンションの投資は少ない資金ではじめられるのですが、ほとんど利益がでないかマイナスになります。買い増しをすれば、マイナスのキャッシュフローが増加するだけなので、資産を増やしていくことができないばかりか、苦しくなっていくだけですのでお勧めできません。 

 サラリーマンの人が住む家を購入する場合は、年収にもよると思いますが、一般的には数千万円程度ではないかと思います。しかし、不動産投資でアパートを一棟を購入する場合は、5.000万円から1億円程度までですから、自宅の価格の2倍~3倍にもなります。つまり、価格もかなり高くなり、融資を受けて購入するので、借入金額は自宅の場合の住宅ローンの2倍から3倍の借り入れをすることになります。 

始めて融資を受けてアパートを購入する場合、少なくとも5,000万円から1億円程度の 借入になると思いますが、初心者の方にとって想像を絶する額になるので、怖いのではないいかと思います。例えば、年収が500万円として、5,000万円の借り入れをした場合、その年収だけで返済するとしたら、飲まず食わずでも10年以上かかります。これは大きなプレッシャーとなるでしょう。 

 しかし、収入と返済と経費とをきちんと計算してから購入するので、家賃収入で十分に返済が可能ですし、しかもキャッシュフローとして手元にお金が残るのです。このことを知ることができれば、安心して不動産を投資をすることが出来るのです。 

 自己資金として500万円とか1,000万円とか人それぞれ使えるお金はまちまちですが、きちんと計算して取り組むことによって、十分に安定経営をすることが可能です。自己資金がたくさんあれば、購入できる物件の幅がひろがります。資金をあまり使わないで行うことも可能ですが購入できる物件の幅が狭くなります。 

 ”自己資金ゼロから始める不動産投資”などと、宣伝する不動産販売会社に行き、資金ゼロを謳う販売業者さんの言いなりに物件を購入してしまうと、きちんとシミュレーションができていない可能性があるので、注意が必要となります。 

投稿日:

Copyright© 大家さんファミリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.