大家になって豊かな人生を送る

大家さんファミリー

不動産投資のローンについて~レバレッジを効かせるとは?

不動産投資はローンを組んで行います。それは、他人のお金を使って運用する方が圧倒的に効率が良いからです。例えば、1億円の物件をキャッシュで購入したら、どうなるでしょう。仮に10%で運用したとして年1,000万円の家賃収入が入ります。最初に投じた1億円を回収するのに、10年掛かることになります。 

 それに対して、1.000万円を頭金にして1億円の物件を購入した場合は、どのような結果になるでしょう。家賃収入は1,000ですから、1年で自己資金が戻ってくることになります。(ここでは経費等は無視しています) 

 不動産投資は他人のお金を使うことで、他人のお金からも利回りを受けることができるので、資産を築くスピードが速くなります。小さいお金で大きな利回りを得るので、このことを”レバレッジを効かせる”と言います。 

 ここで注意をする必要があります。どんなに少額で大きなお金を扱うと言っても、融資条件によっては、返済に余裕がなくなり持ち出しになることがあるので返済計画をきちんと行う必要があるのです。 

 不動産投資を初めて行う人にとって、頭金を投入することができない場合があります。頭金を投入しないことを、フルローンとかオーバーローンと呼ぶことがあります。フルローンとは物件価格の100%を融資で賄うことを言い、オーバーローンとは諸費用も含めてローンで賄うことを言います。 

 フルローンやオーバーローンは、借り入れる金額が多くなるので、返済額も多くなります。その場合、収入に対するローン金額が高くなる傾向にあるので、返済期間が終わるまで、十分返せるかどうかシミュレーションしなければなりません。 

 フルローンやオーバーローンを組む場合は、金利も高くなる傾向にあるので、金利についても確認しておきましょう。 

 お金は上手に借りて、きちんと運用して利益を出すことによって、不動産投資の利益の利益は安定します。キャッシュが貯まれば、また、それを頭金として物件を増やすことができるので、加速して資産を増やすことができるのです。 

投稿日:

Copyright© 大家さんファミリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.