大家になって豊かな人生を送る

大家さんファミリー

不動産投資のローンと年収の関係について~意外な事実とは?

不動産投資のローンと年収についてお話しします。一般的に不動産投資をするには、年収700万円以上とか1,000万円以上とか販売業者が条件を設けている場合があります。実際にはどのような基準になっているのでしょうか。 

 広くコンサルティングをしていて思うこととして”年収が低いから不動産投資はできない”ということは必ずしも言えないということです。いわゆる銀行からは、給与所得や役員報酬などの年収が高く、自己資金を多く所有している方は属性が高く見られます。貸したお金が焦げ付く可能性が低くなるからです。 

 とは言っても、そのような方は多くいるわけではないので、なるべく多くの人に融資したいと銀行は考えているはずです。ですから、”私は借りられない”と決めてしまわないで、銀行に直接聞いて回るのが手っ取り早い方法です。 

 ”アパートローン”とは、アパートを購入して不動産賃貸業をする人や法人にお金を貸すローンですが”年収○○○万円以上の人が△△△のような物件に対して、金利が□□%で、××年融資する” というように条件がパッケージ化されています 

 アパートローンの他に、”プロパーローン”というのがって、個別に審査してローンの条件を決定するものがあります。年収、金融資産、保有資産、家族背景などを加味して審査してくれるものです。これには明確な基準がないので、だれでも通る可能性があります。保有資産に、自宅や収益アパートがあれば、その借入の度合いに応じて、担保余力とみてくれることもあります。共同担保という形にしてその分の頭金を抑えることが可能となります。 

 銀行はお金を貸しだして利益を得ていますが、貸し出す金額や条件については、銀行によっても異なりますし、支店によっても同じではなく、積極的に貸すタイミングすらも銀行によるので、融資を持ち込むタイミングによってもかなり異なります。 

 銀行の開拓は、常に行っておくといざお金を借りたいときにすぐに相談ができるので、融資が決定するのが早くなり、他との競合にも有利に進めることができます。常にお問合せができる関係を銀行と持っておけば、銀行の方から融資の勧誘が来る可能性があるのです。 

 まとめますと、年収の高い方ほど、ローンが通りやすい傾向にありますが、それだけでは、融資の可否は決定されません。保有資産や家庭環境や共担の可否、申込みのタイミングなどありますので、銀行に相談することが近道となります。 

投稿日:

Copyright© 大家さんファミリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.