大家になって豊かな人生を送る

大家さんファミリー

不動産投資でおすすめの本とは?~定番中の定番ですが・・・。

不動産投資のおすすめの本についてお話しします。不動産投資の本は北海道本屋さんに行ったらたくさん並んでいます。その中でどんな本を選んだら良いかは、中々判断ができないと思います。その中でいくつかご紹介したいと思います。

 ・金持ち父さん貧乏父さん ロバート・キヨサキ

不動産投資をするきっかけの本として有名な本です。ここでは、負債と資産とをはっきりさせています。高度成長時代子供時代を送った人たちがそろそろ現役を退く頃ですが、高度成長時代には、自宅や車は資産として扱われました。この本ではお金の生まないものは、負債と定義づけています。初めて読んだときの衝撃は忘れることができません。昔の古い考えでは、決してお金持ちにはなれません。多くの方がそう思ったことでしょう。

 

・まずは、アパート一棟買いなさい 石原博光

石原博光さんが、実際に経済的な自由を得ていることがとても信頼がおけるところです。アパート一棟を買うことによって、どのように経済的な自由を得ることができるのかわかりやすく書かれています。

 他の記事でも書いていますが、この本さえ読んでいたら、新築のワンルームマンションに手を出して、毎月マイナスで苦しむことは無かっただろうと思います。

 色々な本を読んでみて思うのですが、重要なことはある程度、数字を使って科学的に証明していることが必要と思うのですが、本の中で数字を扱うとどうしてもリアリティーがなくなってしまいます。それはどうしてかと言うと、説明をわかりやすくするためにどうしても極端な数字を持ってくる傾向にあるからです。そうするとどういうことが起こるかと言うと、たしかにその物件なら利益が出そうだけれど、実際に探してみてもそんな物件が無かったりするのです。つまり、良い数値はわかっても実際に出回ってなければ、意味がないのです。リアルな数字を使っているので、腑に落ちる一冊です。

 

 ・毎月100万円 確実に増える不動産投資 曽我ゆみこ

このホームページでも紹介していますが、とても数値を簡単に扱っており、だれでも計算ができるように解説をしています。買ってもいい数字に合わせる方法を見事に解説しているので、たとえば、返済比率が悪く債務に安全性がないと判断されたならば、自己資金を投入するとか、値引きをするとか、わかりやすく書かれています。メルマガ登録をすると、計算用のエクセルシートがダウンロードできるので、だれでも簡単に利益の出る物件がわかる仕組みにしています。

不動産投資は高価な買い物なので、本を三冊買うくらいの投資ならば、タダに等しいと思いますので、全て読んで頂くことをお勧めします。

投稿日:

Copyright© 大家さんファミリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.