大家になって豊かな人生を送る

大家さんファミリー

不動産投資 頭金1,000万円

今回は頭金1,000万円と諸費用の700万円から800万円を用意できたとして、物件から得られるキャッシュフローと債務の安全性について考えてみたいと思います。

物件価格、1億円の頭金として、1,000万円をローンの頭金にします。それに加えて諸費用が物件価格の7%から8%掛かりますので、用意する現金の合計は1,700万円から1,800万円になります。この数字で物件を購入し運営した場合、かなり安定した不動産投資が可能になります。このケースは銀行に物件価格の10%の1,000万円を入れますので、借入率が90%の9,000万円になります。この融資割合の場合、利回りと金利について考えてみましょう。頭金として10%を投入することを前提としているので、比較的低金利の銀行を狙っていけると考えられます。

30年返済として計算します。

利回り(年 収)借入金利(返済額/年)

7.5%(750万円)1.5%(373万円)

8.0%(800万円)2.0%(399万円)

8.5%(850万円)2.5%(427万円)

9.0%(900万円)3.0%(455万円)

ちょっとわかりづらいのですが、返済と収入の関係をみると

収入の半分くらいを返済に充る計算になります。

もし、1.5%の金利で借りられるのであれば、利回り7.5%以上の物件を

狙えば、債務的に余裕があると言えます。逆に、3%の金利で借りるならば、

9.0%以上の物件を狙うと、収支的に余裕があり安定的な経営が期待できます。

利回りと金利の関係を見ながら、物件の選択をすることをお勧めします。

更新日:

Copyright© 大家さんファミリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.