大家になって豊かな人生を送る

大家さんファミリー

不動産投資がサラリーマンに最適な理由とは?

不動産投資がサラリーマンの副業として最適である理由についてお話しします。 

一般的に会社は従業員に副業を認めていませんでした。しかし、平成30年厚生省が作成した”兼業、副業に関するガイドライン”により、兼業、副業を認める会社が多くなりました。そもそも、不動産投資は、兼業・副業規定が作成される前から、特に禁止されていたわけではありません。中には禁止していた会社もあるかもしれませんが、会社が副業・兼業を認めてこなかったのは、労働時間が多くなること、会社の秘密情報の漏洩などの理由からであり、不動産投資は特に労働するわけでもなく、健康を害するとか、どこかに会社の情報が洩れるとかは、あり得ないので、株やFXなどの投資とともに許容されていたと考えられます。 

 さて、不動産投資がサラリーマンにとってとても良い理由として、すでに書きましたが、労働することがないということで、サラリーマンとしての本業に全くと言っていいほど、影響がありません。例えば、入居中の部屋のエアコンが壊れた場合でも、管理会社に電話することで、対応してもらえますし、家賃の集金管理や遅れた場合の督促なども管理会社が行ってくれるので、サラリーマンには最適です。 

 不動産投資がサラリーマンに向いている理由として、融資が受けられやすいとうことがあります。銀行から見ると、サラリーマンは月々の給与が決まっていて、年々のベースアップは少ないものの、大幅な減給はほとんどないため、長期の融資をする相手としては申し分ないわけです。銀行は定収入のあるサラリーマンにどんどんお金を貸してきましたし、今後も貸し続けると考えられます。 

 一部の報道によれば、銀行がサラリーマンに対して、過剰な融資をしたために焦げ付いた問題が発生しました。このことにより、銀行の融資が厳しくなったとの情報もありましたが、それほど大きく影響しているとは思えません。そもそも借りれないほどの年収であるとか、自己資金をほとんどないままに無理な融資を組んだことが要因してあるので、不動産投資を行うくらい余裕があるサラリーマンであれば、融資が特に厳しくなったということもなく、お金を借りることが出来ていて、サラリーマンは融資に強いということが言えると思います。サラリーマンの方で、もうすぐ定年を迎えるという年代の方は、やはり早い方が良いと思います。定年の年齢を60歳としている会社が多いと思いますので、50代の方は直ちに始めましょう。雇用の延長で65歳まで働ける会社は増えてきていますが、 

やはり、身分が嘱託にならないうちに、借りれるお金は借りて不動産投資を始めた方が良いです。収入が下がってから、慌てて始めようとしても、銀行はもう相手にしてくれません。銀行は現役のサラリーマンが大好きなのです。 

更新日:

Copyright© 大家さんファミリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.