大家になって豊かな人生を送る

大家さんファミリー

不動産投資でサラリーマンを卒業するためには?~卒業しなくて良いんじゃないか?

不動産投資でサラリーマンが卒業するためには、どうすれば良いでしょうか。副題にも書いていますが、卒業しなくても良いのではないでしょうか?単に”通勤がいやだ”とか”会社の上司とうまくいかない”とか”仕事がつまらない”とか、辞める理由があまりしっかししていないと、後悔するんじゃんないかって思うのです。通勤がいやなら、会社の近くに越せば良いし、会社の上司とうまくいかなければ、異動すれば良いし、仕事がつまらなければ・・・いずれも、会社を辞める理由にならないと思います。 

 不動産投資で収入があり、その収入が年収を超えていたとしても、安心してはダメです。それは、家賃は下がるからです。下がることを考慮しても十分に収入が確保できるならば良いのですが、1億円の物件で利回り8%の物件を所有していたとしても、キャッシュフローは、250万円くらいでしょうから、3棟保有して750万円です。でも30年を経過すると、500万円くらいまで収入が落ちている可能性がありますそれでもやっていけるならば良いのですが、その後、物件を持ち続けるとか、売却するとかありますが、計画をしっかり立てておかないと、次の一手がなくなると思うのです。 

 会社を辞めてしまうと、銀行からはお金を借りにくくなります。同じ会社に勤めていた方が、家業のリフォーム関連の仕事を継いで会社を辞めましたが”銀行がお金を貸してくれない”と漏らしていました。会社を辞めても、資金の調達ができて、さらに不動産を購入できるのであれば、サラリーマンに縛られることもないと思いますが、サラリーマンだから、有利にお金を借りることができたとも言えると思うのです。 

 不動産投資をしながら、音楽をやっている方が、セミナー募集をしているのですが、その題名は「不動産投資をしながら好きなことをしよう!」というものでした。それならそれで、目的がはっきりしているので良いと思います。また、サラリーマンを辞めても、不動産投資の家賃収入以外の収入があって、家賃収入が減っても、大丈夫ならば良いのですが、後ろ盾がなく辞めてしまうと、後悔するのではないかと思います。 

投稿日:

Copyright© 大家さんファミリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.