大家になって豊かな人生を送る

大家さんファミリー

不動産投資でサラリーマンが融資を好条件で受ける方法とは?

不動産投資でサラリーマンが融資を好条件で受ける方法についてお話しします。サラリーマンは不動産投資を融資を受けて行う時に、とても有利と言えます。それは、毎月定収入があり、銀行からみてとても信用度いからです。しかも、銀行から融資を受けやすいサラリーマンの特権を、より好条件で融資を引く方法があります。それは、まず銀行は自ら開拓することを考えることです。 

 不動産販売会社は、融資してくれる銀行をお世話してくれることがあります。それは、その販売会社が銀行とのお付き合いがあり、購入者を紹介していますそれはとてもありがたいことですが、販売会社が紹介する銀行融資条件が最も良いかというとそうではありません。融資してもらえる一つの銀行にすぎないのです。つまり、さらに条件の良い銀行に融資してもらうためには、自らが銀行回りをして、融資先を見つけることが大切です。そしてポイントとしては、金利面で有利な銀行ほど、融資の申し込みをしてから、融資可否の結果がでるまでの期間が長い傾向があるので、有利な条件を引き出すためには、購入したい物件が出る前から、融資をしてくれそうな銀行のめぼしをつけて、なるべく早く相談を開始して、例えば7,000万円規模す。の物件なら、「物件価格の90%は融資できそうです。金利は2%前後です」くらいな大まかな内諾を貰っておくと、「内諾は頂いているので、大丈夫です」と売主さんへのアピールになり、他のお客様よりも、有利に進めることができます。 

 名前が同じ銀行でも、支店が違うとご担当者も違うので、全く違う回答が返ってくることがあります。自分が住んでいる場所や、会社の所在地の近くの銀行から融資を受ける場合、信用金庫の場合は特に地域性を重視するので、A支店に電話してダメだった場合、B支店に電話すると、「エリアが違うので、A支店に話をしてください」と言われることがあります。その場合は、違う銀行を当たるしかありません。しかしながら、A支店は未来永劫ダメかと言えば、そんなことはありません。時期が変わったりご担当が変わることで、違った回答がくることも十分考えられるのです。 

 銀行回りは運も不運もありますが、あきらめなければ、かならず運が巡ってくると思います。普通では得られない融資もたまたま電話に出たご担当者のお陰で融資を引けることが本当にあるからです。 

投稿日:

Copyright© 大家さんファミリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.