大家になって豊かな人生を送る

大家さんファミリー

不動産投資でリスクを分散する方法 とは?

不動産投資でリスクを分散する方法についてお話しします。不動産投資でもリスクはゼロにはできません。一番重要なのは空室リスクです。空室が多いとそもそも収入が入らないからです。ただ、世間では、郊外高利回りを謳ったスキームも存在しますので、その道のプロに聞くとおそらく、儲かる物件が潜んでいるのだと思います。基本的な考え方として、たとえば、新築や中古、一棟物や区分、木造や鉄筋コンクリートなど”どちらがいいの”という論争はあまり意味がなく、どれならば安心とは一概には言えないからです。もし、新築が良くて中古がダメなら、新築を狙えばいいのかといえば、そうではないですね。新築の中でも色々あって、やはり選択の眼を持つ必要があるからです。たとえば、新築の良いところは、 

 ・修繕費がしばらくかからない 

 ・入居してもらいやすい 

 ・物件価格は高い 

 ・利回りは低い 

 ・金利の低い銀行からの融資が引きやすい 

 などの利点があります。中古の良いところは、 

 ・物件価格が安い 

 ・利回りは高い 

 ・家賃は安定してきている 

 新築にも中古にも利点が存在します。価格が安く利回りが高いので、収益は得やすいです。もし、短期的に収益をあげたい場合は、中古を狙う方が良いかもしれません。最初は固めの物件を購入して、物件を増やす段階で、タイプを変えていくことは、リスクの分散になります。新築と中古とか単身向けとファミリーとか色々とやり方はあると思います。どれを買ったら絶対安心というのはなく、それぞれに良いものを選択する目は必要と思います。 

投稿日:

Copyright© 大家さんファミリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.