大家になって豊かな人生を送る

大家さんファミリー

不動産投資、初心者の勉強法~ 重要な2つのポイントとは?

不動産投資の初心者が効果的に勉強する方法をお話しします。書店に行けば不動産投資の書籍が山ほどありますが、不動産投資の本は安価ですから、3冊くらいは読んで頂きたいです。ではどのような本を読むのが良いかと言えば、実際に手にとってみて読みたいと思う本を読むのが良いと思います。このサイトでも書籍をご紹介していますので、参考にしてください。 

 本以外ではどのように勉強すれば良いかですが、このサイトでも様々な切り口から説明をしていますので、記事を読んで頂ければと思います。ホームから不動産投資を学ぶを選択することで、見ることができますので、ご覧ください。 

 このホームページでは、首都圏の物件でしかも中心部を避けた地域での不動産を購入するスキームを提唱しています。しかしならが、不動産は全国に存在しますし、構造は木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造とあります。また、一戸建てや一棟物や区分もあり、それぞれの不動産投資法にはそれぞれのやり方があると思いますので、自分に合うものを選択するのが良いと思います。 

 但し、どの手法でも言えることですが、同じような物件でもその中でも良いものを選択することが必要です。例えば、首都圏の木造の新築を狙うと仮定した場合、その条件に合えば、どれでも良いというものではありません。その物件毎に需要があるのかないのかを現地サーベイをする必要があります。また、どんな物件でも基本的には割高に設定されていると考えられます。その中でお買い得な物件を探すことが必要です。 

 また、収支の計算もとても重要です。収入と支出のバランスが悪いと、手残りが出ないということになります。つまり、どのくらいの自己資金を使って、どのくらいの価格の物件を購入するのか、どのくらいの返済期間で融資を組むのか、借入の仕方によってキャッシュフローが全く変わってしまいます。 

 つまり、どんなスキームでも大切なことは、需要を確認すること収支バランスをよく確認して、利益がでるかシミュレーションをきちんとすることが必要です。物件を見て回ることや、収支計算の仕方の学習をすることが必要です。 

投稿日:

Copyright© 大家さんファミリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.